TFS2013Expressでソースコード管理

個人でソースコード管理する場合Gitを使ったりしていると思いますが、Team Foundation Serverも無料版があるのでこちらも使ってみます。TFSはManagedサービスを公開していたりPowershellスナップインを公開しているのがちょっとしたうま味かも。

1.ダウンロード & インストール

TFS2013Expressをダウンロードしてきてインストールします。インストールはexe形式とiso形式とがありますが、個人でネットワーク接続できる環境ならexeで問題ないでしょう。

install_top

今すぐインストールを実行。コピーが実行され、構成センターが開きます。

3_startconfigurationcenter

ウィザードの開始から順に実行すればOk。場合によってSQLServerのアップデートを要求されますが、WindowsUpdateから推奨されるままにアップデートすればOkです。

6.done

7_confirmこれにてインストールが完了。

 

2.作成 + 接続

VisualStudio2013を立ち上げ、チームエクスプローラタブからチームプロジェクトの作成を行います。

8_connect_9_create

チームプロジェクト名は[プロジェクトコード]、[プロジェクト名]、[物件名] 等を入れます。

10プロジェクトテンプレートを選択して[次へ]を実行するとチームプロジェクトを作成開始するのですが、何度やっても途中で失敗しました。原因は、VisualStudio2013のUpdate2にしていなかったこと、これでアップデートすることで解決しました。

作成できれば同じくチームエクスプローラタブからチームプロジェクトの選択で接続します。

pc名

あとは通常通りプロジェクトを新規作成してチェックイン・チェックアウトをすればOk。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中